幼児教育として英語教育をする場合、一番大切なのは、楽しんで英語を覚えることです。
なんでもそうですが、嫌々やる事は長く続かないし、身につくとはいえないでしょう。
せっかく幼児教育を行うのであれば、親子のコミュニケーションの手段として遊びの一環として取り組んでもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

英語幼児教育

1歳児になると身体も成長し、動きも活発になってきて、今までの赤ちゃんの頃とは違い遊びのはばも広がりますよね。

今までは親が積極的にあれこれと遊んでいてあげていたのが、何でも自分でやりたがる時期にさしかかります。

そんなときに幼児教育として英語の教育を行うときには、触るとアルファベットの音や歌、単語などの音が出るおもちゃで楽しみながら英語教育を行うのはどうでしょうか。
また、アルファベットの書いてある絵本などをあたえるのもいいでしょう。

子どもが少しづつ話をし始めると、英語で話しかけてみたいと思う方もいるでしょう。
英語が話せなくても、知っている単語はいくつかあるはずですので、英語で会話をしようなどと欲張らずに、日本語で話しかけるのと同じように、簡単な単語をはなしかけたり、あいさつをするだけでも十分に効果があると思います。

親が「幼児教育としての英語」などと頑張ってやると、知らず知らずにかたい感じになってしまい楽しむどころではなく親が先生になってしまいます。
先生になってしまうよりも子供と一緒に楽しんでみてはどうでしょうか。

双方向にやりとりを加えることによって幼児の言語能力は、飛躍的に向上するといわれていますので、ただ教材を与えるだけの英語教育ではなく、親が一緒に教材に取り組んだり、教材を通して子どもとコミュニケーションを図りながら英語に触れ合うことが大切です。

1歳を過ぎたら親子で英語の映像にあわせて歌ったり、踊ったりと一緒に楽しむことができるようになります。

ですが、長時間映像を見せていると、言葉を理解する言語能力や社会性に悪影響を及ぼすという報告もありますので、時間を決めて楽しみましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

幼児教育(教材,英語,教室):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.eigo7.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。