アルクの英語教室 Kiddy CAT英語教室

幼児教育の英語教育に関して、さまざまなノウハウを持ち合わせている英語教室の中に「アルク英語教室」があります。

スポンサードリンク

今回は、「Kiddy CAT英語教室」についてご紹介します。

「Kiddy CAT英語教室」には、年齢に応じた教材とカリキュラムなので、初めての幼児でも無理なくスタートできるような仕組みになっております。
例えば、「プリコース」では2歳児や3歳児を対象としており、使用する教材は「アルクのabc」という教材です。

基本的な会話や単語を、英語の歌やアニメに合わせて聞く事で自然と英語に触れられるような工夫がされています。
「アルクのabc」を使って、授業が無い日はおうちで親子一緒に英語を学ぶこともできますので、家庭での英語教育にも役立つでしょう。

教室での授業では、親子で一緒に、先生の英語の呼びかけによって進行するお友達とのゲームなどを通じて、英語を学んでいきます。
授業は、英語で行われますし、ゲームなどを楽しく行っているうちに、自然と英語感覚が身につくのです。

また、「Kiddy CAT英語教室」の先生になるための審査をパスして認定された人が、自宅で教室を開いていますので、親子ともども安心して英語教室に通うことができると思います。
そして、「Kiddy CAT英語教室」は、全国に1000もの教室がありどの教室も同じ教材を使っていますので、もし転勤などで引越しをしても、「Kiddy CAT英語教室」に通う事ができ安心です。

せっかく幼児教育をするのなら、長い期間継続したいとお考えの方にはお勧めの教室だといえるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

英語教育の教材
子どもが生まれて、赤ちゃんの時はお世話で大変だと思います。 しかし、お座りをして......
幼児教育と幼稚園
子どもの成長はとても早いもので、あっという間に母親に密着していた乳児期は過ぎてし......
幼児教育と幼稚園の選び方
幼稚園を選ぶとき、みなさんは何を基準に選びますか? 幼児教育に取り組んでいる親に......
幼稚園との信頼関係
幼稚園を選ぶ際、どのような幼児教育を行いたいかによって、幼稚園選びの基準が変わっ......
幼稚園生活と子どもの社会性
幼稚園の目指す幼児教育は、『学校教育法』によって「幼稚園は、幼児を保育し、適当な......
英語の幼児教育の目的
みなさんの中には、これからの国際化社会で我が子が活躍するためにも、子どもにバイリ......
幼児の芸術教育
幼児教育には音楽や絵画、ダンスなどの芸術教育もあり、さまざまな教室で早期からこの......
幼児の脳への刺激
幼児教育において大切な事に、脳へ刺激を与えるということがあります。 脳への刺激は......
絵本の選び方
最近、書店にはたくさんの絵本が並んでいます。 かわいらしい挿絵の絵本や、英語で書......
映像で英語教育(DVD CD テレビ番組)
幼児教育として英語教育の行う際に、親が英語の発音や会話に自信があり使いこなせるほ......
子供の絵本を読む環境
みなさんの中にも、子どもの頃絵本を読んでもらった事がある人はたくさんいらっしゃる......
英語教育の日本語習得への影響
幼児教育としての英語教育に早期から取り組んでいく際、もしかしたら、日本語の発達に......
幼児英語教育の成果
早い時期から幼児教育として英語教育に取り組むことで、少しでも英語を身につける事が......
英語教育と幼児教育
あるバイリンガリズムの研究結果によれば、「自国の言葉」と「外国の言葉」という区別......
TMPフレーズカードシステムで英語教育
幼児教育を行おうと思っても、教室に通うことが困難なご家庭もあると思います。 そん......
セサミえいごワールドで英語幼児教育
みなさんは、「セサミストリート」をご存知ですか? 私は小さい頃に見た事があるので......
ディズニーの英語システムで幼児教育
幼児教育の英語教育の「ディズニーの英語システム」をご存知ですか? この教材はおな......
幼児教育とアルクの英語教材
アルクのキャッチフレーズは、「0歳時から始めるバイリンガル教育」です。 0歳から......
ヤマハ英語教室と音楽教室
ヤマハの教室というと、音楽教室が有名ですよね。 しかし、「ヤマハ英語教室」という......
英語教室 幼児教室ドラキッズ
ショッピングセンターなどに行った際、「幼児教室ドラキッズ」を見かけた方も多いと思......
幼児教育(アルクの英語教室)
今回は、「アルクの英語教室」について、ご紹介します。 お子さんを「アルクの英語教......
アルクのabc DVDボックス 親子で英語
「アルクのabc DVDボックス」をご存知ですか? これは、6歳くらいまでの幼児......

▲このページのトップへ