英語教育と幼児教育

あるバイリンガリズムの研究結果によれば、「自国の言葉」と「外国の言葉」という区別は3歳までの幼児にはないようです。
ですから、日本語と英語を順番に聞かせたとき、「これは日本の言葉」、「そしてこれは英語」というように認識するわけではなく、両方の言葉を抵抗なく吸収できるのです。

スポンサードリンク

そのため、外国語の習得は、早い時期から始めたほうがいいといわれているのです。
もし、幼児教育として日本語を身につけさせるのと同時に英語も身につけさせたいとお考えならば、3歳までに英語教育をはじめたほうがいいといえるでしょう。

でも、3歳から日本語と英語教育を始めたからといって、日本語と同じくらい英語を操る事ができるというわけではありません。
なぜなら、普段使う言葉もそうですが、ひとつの言葉を自在に操ることができるようになるまでには、長い年月が必要だからです。

普段使っている日本語などは、常に会話や歌やTVなどから流れていて、聴こうと思わなくても自然と耳に入り、それを真似して言う事で身につくのです。
ですから、「2歳の時から英語教育を始めたので、4歳になったらペラペラと英語を話すことができる」というわけではないのです。

言葉は耳で聞いて、そして使ってはじめて身につきます。
ある専門家によると、英語を使う生活を毎日1時間したとしても、英語をマスターするまでには14年ほどかかってしまうといわれています。
例えば、2歳から英語教育を始めたとしてマスターするのは16歳、10歳から始めたら26歳と早く始めたからといって、英語をマスターするまでの時間はそれほど変わりないといえます。

幼児教育として英語教育をするのであれば、長い目で見守る事が大切です。
そして、長期的に取り組むことで成果が得られるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

英語教育の教材
子どもが生まれて、赤ちゃんの時はお世話で大変だと思います。 しかし、お座りをして......
幼児教育と幼稚園
子どもの成長はとても早いもので、あっという間に母親に密着していた乳児期は過ぎてし......
幼児教育と幼稚園の選び方
幼稚園を選ぶとき、みなさんは何を基準に選びますか? 幼児教育に取り組んでいる親に......
幼稚園との信頼関係
幼稚園を選ぶ際、どのような幼児教育を行いたいかによって、幼稚園選びの基準が変わっ......
幼稚園生活と子どもの社会性
幼稚園の目指す幼児教育は、『学校教育法』によって「幼稚園は、幼児を保育し、適当な......
英語の幼児教育の目的
みなさんの中には、これからの国際化社会で我が子が活躍するためにも、子どもにバイリ......
幼児の芸術教育
幼児教育には音楽や絵画、ダンスなどの芸術教育もあり、さまざまな教室で早期からこの......
幼児の脳への刺激
幼児教育において大切な事に、脳へ刺激を与えるということがあります。 脳への刺激は......
絵本の選び方
最近、書店にはたくさんの絵本が並んでいます。 かわいらしい挿絵の絵本や、英語で書......
映像で英語教育(DVD CD テレビ番組)
幼児教育として英語教育の行う際に、親が英語の発音や会話に自信があり使いこなせるほ......
子供の絵本を読む環境
みなさんの中にも、子どもの頃絵本を読んでもらった事がある人はたくさんいらっしゃる......
英語教育の日本語習得への影響
幼児教育としての英語教育に早期から取り組んでいく際、もしかしたら、日本語の発達に......
幼児英語教育の成果
早い時期から幼児教育として英語教育に取り組むことで、少しでも英語を身につける事が......
TMPフレーズカードシステムで英語教育
幼児教育を行おうと思っても、教室に通うことが困難なご家庭もあると思います。 そん......
セサミえいごワールドで英語幼児教育
みなさんは、「セサミストリート」をご存知ですか? 私は小さい頃に見た事があるので......
ディズニーの英語システムで幼児教育
幼児教育の英語教育の「ディズニーの英語システム」をご存知ですか? この教材はおな......
幼児教育とアルクの英語教材
アルクのキャッチフレーズは、「0歳時から始めるバイリンガル教育」です。 0歳から......
ヤマハ英語教室と音楽教室
ヤマハの教室というと、音楽教室が有名ですよね。 しかし、「ヤマハ英語教室」という......

▲このページのトップへ