本番対策に!「TOEICテスト 新・最強トリプル模試」

TOEICのテストは、他の試験と違い独自の形式をとっています。
ですので、学校受験のような勉強では追いつかないものになっており、専門の参考書を使った学習が必須になってきます。
ますはTOEIC運営委員会が作成している『TOEIC テスト 新公式問題集 シリーズ』(vol.1〜3)を使ってみてください。
ここで基礎固めをしっかり行い、自分の弱点や得意分野を把握してからさらなるステップアップ、というほうが効率的な学習が可能だと思います。
サンプルテストもついていますので、本番のテストはどんな感じなのかを、事前に体験しておくこともできますよ。

スポンサードリンク

今回ご紹介する問題集は、「TOEICテスト 新・最強トリプル模試」です。
これは、公式問題集と同じように、本番と同様の形式を用いて問題が作成されています。
ですので、本番の予行演習が自宅で可能、というわけです。
本番直前の最後の総仕上げに使うのも、効果的かと思われます。

以下、著者などをまとめましたので、本屋さんで探す際の参考にしてください。

●『TOEICテスト 新・最強トリプル模試』
● 著者:中村 紳一郎 , Susan Anderton, 神崎 正哉 , 小林 美和

4人の著者が経験と信頼できるデータに基づき、作成しています。
予想問題を3回分収録。十分な本番対策が可能です。
掲載問題は600問ですが、その全てに「正答率」を掲載しています。
これで、自分の弱点がまるわかりだと思います。

本書はプレテスト(注)からのデータと、エッセンスイングリッシュスクールの指導経験と豊富なデータを元に作成されていますので、その内容は大変充実しています。
本番の対策には、こういったしっかりとした根拠に基づく模擬試験を使うことが、欠かせないといえます。

TOEICの難所、リスニングセクションの音声に関しても、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアの4ヶ国語を全て収録しています。
本番には全てがまんべんなく出題されますので、偏りなく学習しておくことがハイスコアの鍵になってきます。
本書やこういった問題集、参考書を大いに活用して、TOEICテストに挑戦してみてくださいね。

注:エッセンスイングリッシュスクールでは、「新TOEIC模試」を実施しています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

TOEICテスト 新公式問題集
TOEICテスト対策には、独自の専門問題集や参考書が必要になってきます。 問題の......
TOEIC対策に TOEICテスト 公式問題集
TOEICの受験に挑戦!とお考えの方は多いのではないでしょうか。 質のいい参考書......
TOEICテスト 新公式問題集Vol.2
TOEICテスト対策には欠かせないのが、専門の問題集と参考書ですね。 選ぶのに迷......
TOEICテスト 新公式問題集Vol.3
TOEICテスト対策には欠かせないのが、専門の問題集と参考書ですね。 選ぶのに迷......
新TOEICテストスーパー模試600問
英語を使ったテストといえば、英語検定や大学のセンター試験など、TOEIC以外にも......
TOEIC入門書「新TOEIC TEST総合スピードマスター New Version対応 (入門編)」
TOEICテスト対策には、専門の参考書を使うことが必須になってきます。 お勧めす......
CD BOOK 短期集中講座! TOEIC TESTリスニング
日本人が英語を習得するにあたって必ず壁にぶち当たるのが、リスニングとスピーキング......
闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する
タイトルを見て、ちょっとびっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんね。 闘う耳......
ハートで感じる英文法—NHK3か月トピック英会話
教育番組に力を入れているNHKですが、様々な外国語の講座番組も放送されていますね......
TOEICテスト 新・必修単語 (徹底分析シリーズ)
単語を覚える、単語力をつけるという作業は一朝一夕でどうにかなるものではないですね......
TOEICのリスニングセクション問題形式
日本語と英語は構造も発音も全く異なりますね。 日本人は読み書きは比較的得意なので......
TOEICのリーディングセクション問題形式
TOEICのテストを受験された方はおわかりかと思いますが、回答はマークシート方式......
TOEICのスコアと専門の参考書
今では全く英語と関係ない生活だという方も、中学時代に英検を受けたことはあるのでは......
TOEICテストを採用する企業や学校が増加中!
これだけ世界各国で行われている試験は、他にはあまりないかもしれません。 TOEI......
新TOEICテスト
ご存知の方も多いと思いますが、TOEICのテストが2006年5月の第122回テス......

▲このページのトップへ